本ブログは現在引っ越し作業中です


引っ越し先:

サイト名:LIFE with NX

https://with-x.com/



移行状況等のお知らせなどを除き、本サイトでは新たな記事の公開は原則ありません。


ブックマーク・お気に入りに登録いただいている方は、新サイトのご登録をお願いいたします。

移行スケジュールについての詳細はこちら。

【重要なお知らせ】新サイトに引っ越します

http://kuruma-gadget.jugem.jp/?eid=104

純正メーカーOPハンズフリーパワーバックドアを後付け!レクサスNXにイージーオープンキット(パワーバックドア用)を装着 【Part.1】

0

    JUGEMテーマ:車/バイク

     

    納車されてから毎週土日の午前はNXのカスタマイズをしています。

    (午後はそのまま外出に)

     

    今週はコムエンタープライズ(CEP)のイージーオープンキット(パワーバックドア用)を装着しました。

     

    これは最近のドイツ車やレクサスNX "ver.L"に装備されている、バンパー下に足を入れるとセンサーが反応してパワーバックドアが開閉するというものです。

     

     

    買い物や旅行時などに両手が塞がっていてもパワーバックドアを開けることができるので、便利かつ実用的。

     

    レクサスNXのマイナーチェンジ後のモデルでも公式に対応しています。

    (メーカーに直接問い合わせてから購入しました)

    車種別の配線図があるのですが、前後期で変更はありません。

     

    かなり人気の商品で現在欠品&5月中旬入荷の予約受付中です。

    1モデルで複数の車種に対応しているので、人気が出るとあっという間になくなるみたいです。

    欲しい方は早めの確保をオススメ。

    (自分も納車が3月末で2月中に注文しました)

    楽天市場でもYahoo!ショッピングでも購入可能です。

     

    楽天はこちら。

     

    Yahoo!ショッピングはこちら。

     

    取り付け方法は続きからどうぞ。

     

     

    記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

    にほんブログ村 車ブログへ

    ↑クリックいただけると励みになります!

    にほんブログ村


     

    センサーを設置するためにラゲージの内張りやスペアタイアを外していきます。

     

    ,泙困魯薀押璽犬離侫蹈△鬚瓩ります。

     

    ▲薀押璽献▲鵐澄璽肇譽い魍阿垢燭瓩砲麓命燭離團鵑鮨凜所外し、アンダートレイを外します。

    このピンは指で中心を押すと簡単に外せるタイプです。

     

    スペアタイヤのセンターにあるグレーのパーツを外せば、 スペアタイアが外せます。

     

    ぅ好撻▲織ぅ笋肇▲鵐澄璽肇譽い魍阿垢肇椒妊が見えます。

    中心にあるグレーのグロメットに配線を通すための穴を電動ドリルで開けておきます。

     

    グ貳崕斗廚淵札鵐機爾寮瀉崗貊蠅任垢、ちょうどいい場所がアンダーカバーにありました。

     

    Ε札鵐機爾離椒奪スそのままだと、覗き込んだ時に目立ちますので、 センサーボックスをセンサーギリギリまでカットしました。

     

    Д札鵐機爾らの配線を通すための穴をアンダーカバーにドリルで開けます。


    ┘札鵐機爾鯢嫗阿領礁魅董璽廚埜把蠅靴泙后

     

    センサーからの配線を先ほど穴を開けたグロメットを通して室内に引き込みます。

    配線止めでボディーに固定。

     

    配線ガイドを使って、ラゲージからリアシート脇に配線を引き込みます。

    脇から出したら、シート下に配線を押し込んでいきます。

    写真ではスカッフプレートも外してありますが、手で引っ張れば簡単に外れます。

     

    今回はここまでです。

     

    配線ガイドがないと引き込み作業は難しいので、

    必ず用意することをオススメします。

     

    電動ドリルはなくても作業は可能ですがあったら便利ですし、今回のような穴開け作業も簡単にできます。

    うちは家具の組み立てなんかでも結構使ってます。

     

     


    記事がイイねと思ったら、下のブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

    にほんブログ村 車ブログへ

    ↑クリックいただけると励みになります!

    にほんブログ村


     

     

    愛車の維持費を大幅に削減する方法をご存知ですか?

     

    それは「自動車保険の見直し」です。

     

    車の購入と同時に必須となるのが自動車保険。
    位置づけは"任意"保険ですが、レクサスオーナーで加入しないという方はいないと思います。
    (個人的にはレクサス車に限らず無保険車はありえないという認識です)

     

    私のレクサスNXが加入した自動車保険の保険料は、495万円の一般条件の車両保険(フルガード)、495万円の車両新価特約、弁護士特約、ロードアシスタンス特約に加入した上で、年間3万7,380円でした。

     

    当初見積した東京海上日動の自動車保険は、ほぼ同条件の見積内容で年間7万8,700円でした。

     

    東京海上との差額は何と4万1,320円

    同じ保証内容で保険料を半額以下に抑えることができました

     

    保険料を4万円も抑えることができたのは、ダイレクト型(別名:通販型/ネット型)の自動車保険を利用したからです。
    ダイレクト型がなぜ安いのかはこちらの記事を参照ください。

     

    安く抑えるためには、複数の保険会社の比較が基本。
    今回は複数社に一度に見積が依頼できる無料の一括サイトを使って申し込みました。
    具体的にはこちら3つのサイトで見積を依頼してみました。

     


    加入者の年齢や保障内容によって、保険料は異なってきますので、実際に見積を取って確認してみてください。

    同じ保証内容でも、30代ではA社が安いのに、40代ではB社が安いといったこともあります。

    上の3つのサイトで申し込めば主な保険会社は網羅できます
    自分の場合、安かったのは、チューリヒとセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)。
    保険料がほぼ同じだったので、最終的にロードサイド特約が充実していたセゾン自動車火災にしました。

    一括見積サイトで申し込むと、順次メールで各社見積が届きます。
    (早い会社は即時、遅い会社でも数時間後には届きました)

    電話での営業もないので安心笑

    そのままメールからウェブサイトで保険の申し込みができます。
    ウェブサイト上で特約や保証額を必要な内容に調整し、全てネットで完結

     

    できれば自動車保険にはお世話になりたくはありませんが、必ず必要なものですし、少し工夫するだけで大幅な節約が可能です。

    万が一に備えた上で、安心・安全なカーライフを楽しみましょう!

     

    自動車保険を節約する詳しい方法は、こちらの記事を参照ください〜。


    コメント
    コメントする








       

    Calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    Selected Entries

    Categories

    Archives

    Recent Comment

    • レクサスNXのリアにドライブレコーダーを装着(AUTO-VOX D6 PRO)
      DAIPON
    • レクサスNXのリアにドライブレコーダーを装着(AUTO-VOX D6 PRO)
      モモンバ




    Links

    Profile

    search this site.

    Others

    Mobile

    qrcode

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM